人工内耳

人工内耳の破損や紛失について

とうとうこの時が来たか・・・と思った出来事がありました。

帰宅すると妻が人工内耳の一部が破損した可能性が高いと声を掛けてきました。

な・・・・な・ん・だ・・・と・・・なぜこんなに動揺するかというと・・・

もちろん人工内耳が使えなくなるとはーやんに音が入らなくなります・・・

これが一番心配なことになるのですが、次もまた重要で・・・本体や部品の価格が想像以上に高いということです!!!

思っている以上に高い人工内耳

精密機械である人工内耳は高いもの。そう・・・そうなんですかなり高額なのです・・・

手帳があれば補助があるんでしょ?・・・ありませんよ泣

補聴器に補助はあっても人工内耳の補助はないのはなぜなのでしょうか?

市によっては多少の補助があるところがありましたが・・・僕たちが住んでいる市ではありません。

人工内耳の価格

本体はコントロールユニットというのですがこちらなんと!!!

約100万!・・・え???って思われる方がいるかとは思いますがこれマジです!

しかも片方・・・実際には100万に少しだけ届かないのですが・・・そう少しだけ・・・なので破損に備えて片方ずつ保険に入ることになります!

メドエルでは最初の2年はメーカー保証があり、まだ入っていないのですがそれ以降は片方月2千ちょっとの保険に入ります。

破損の場合は保証されるのですが、紛失に関しては保険適用外・・・え・・・???マジ???マジなんです!

外でなくしてこようものなら・・・終わりです・・・・

はーやんは男の子ですし、外でやんちゃに遊ぶことが十分に考えられますので恐ろしく今から不安でいっぱいでございます!!!

講演会に参加させてもらったとき当事者の方の親御さんの話で「なくして帰ってきたときは100万程覚悟しました・・・」

と言っておられました・・・探した結果あったそうです♪♪♪ いやでもここは絶対伝えたい、話したいところだと思います!

人工内耳手術の時に費用がかかってくるの?

ご安心ください!最初の手術に関しては幼児医療が適用されますので大丈夫です。

最初の手術の時の一台目に関しては保険適用になります。しかしそれ以降は自己負担となります。

もう一度言います!

補聴器などは補助の対象になっているのですが人工内耳はなぜか対象外・・・なぜ・・・???

ということで両方合わせて約200万もの機械を維持していかなくてはなりません。

今回妻から話があった時・・・ドキッ!!!どころじゃなくもう・・・

ふぁ~~~~~とうとうきたか・・・ふぁ~~~~

ドキッ!を通り越していましたね~~~~!!!結局本体ではなくイヤフックという部分の破損だったため交換ということになるかとは思いますが、

とりあえず病院のSTさんに相談します。

メーカーによっては価格や保険の内容は違ってきます。はーやんはメドエルの人工内耳を装用しています。

ざっくりですが部品の価格など参考になればと思いますので次回アップしたいと思います。維持費にどれぐらいかかるのかという目安程度ですがご参考ください。