難聴診断から人工内耳手術まで

人工内耳手術における術前検査の難しさ

人工内耳手術を行うにあたって検査しなければいけないことがあります。

この術前検査がとても大変なことだとは検査をするまで考えてもいませんでした・・・

人工内耳手術の術前検査の項目と検査を終えての感想

診察 担当医によるものだったので良好♪
尿検査 1歳そこそこの尿を取るということの難しさを痛感
血液検査 あ・・・あばれる・・・拘束です・・・
CT検査 時間も短く何とかクリア
MRI検査 検査時間が長い!それ以前に寝ない!途中で起きる!予約取り直し!時間に余裕を持ちたい

診察

ここは難なくクリアといったところでしょうか♪担当の先生にも慣れてきた様子で笑顔も見せていました♪

尿検査

採尿・・・採尿パットで取るのですがその前に!病院で採尿パットを買ってくださいと言われて、病院の1階にある薬局で「採尿パットを買いたいのですが」と店員に言うが
まさかの全然伝わらない!いやもうむしろ採尿パットってなんですかという勢いでした・・・
病院の中に入っているんだからそれぐらいわかってくれよ!知識が浅すぎるでしょ!!!
妻が怒りながらどういうものか詳しく説明しようやく出てきました・・・こんなところでまさかのかなりの労力・・・
まだ1歳そこそこだから尿も細かく分けてしているからかなかなかうまいこと取れない・・・絞りだそうとするがほんとぽたぽたと落ちる程度・・・
しっかり密着せずにペロリンチョとすぐに取れてしまう・・・
何度も何度も挑戦し、絞り出しようやくこんなに少なくていいのかという量で提出!受け付けた方も”あはは”と言わんばかりの感じで確認してきますねと・・・
何とか大丈夫ですとのことで一安心。

血液検査

採血受付時間ギリギリだったことが幸いでした。
検査は予想通りです。まず血管が細すぎるので採血する方も困っている。そしてどうにか固定されている腕を戻そうと暴れているわけなのでより一層困難を極めます!
そして格闘しているうちに奥の部屋へどうぞ~♪
うむ!そのほうがありがたい!
まわりに1人しかいない状態でしたがそれでもやはり気を遣うので助かりました。
はーやんはベットに寝かさ・・・もちろん無理やり寝かし完全固定!はいこれぞ拘束というやつですね!
それでも抵抗しようと頑張っていたのを覚えています・・・

CT検査

CT検査はMRI検査の後に予約していましたが・・・MRI検査での寝つきが悪く検査時間の短いCT 検査を先にすることのなりました。
起きることもなく検査終了でした♪

MRI検査

このMRI検査が1番大変でした!まず単純に検査時間が長い。時間を調整し眠たい眠たいのはずなのに検査台に寝かせては起きる寝かせては起きる。
なんとか大丈夫か・・・さあ台がゆっくりとう・ご・き・・・起きた・・・そのあと抱っこして寝かせようと試みるがダメで、予約の取り直し。
大学病院のMRI検査はこんなに予約が取れないのか!と痛感。最短で1か月後・・・はい!最短でお願いします。
焦る気持ちはありましたがはーやんを信じなんとかなんとかで検査終了!

人工内耳手術前検査のまとめ

これだけは言えます!1人ではほんと無理がありますので、必ず大人2人以上で血液検査、CT検査、MRI検査に挑んでください!

睡眠薬を使いますが、寝ない時は寝ません!検査の時に限って寝ません!忍耐が大事です!

もちろん早く検査して手術ができるかどうか、手術の日程等を決めていきたいという気持ちにもなりますが、目前の検査に集中してください!

はーやんはメドエルの人工内耳を装用していますが、
手術をしたときには完全にMRIに対応できるものが出ていなかったため、今はもうMRI検査を行うことができません。
(現在の製品では対応しています)
すみませんがコクレアや他の会社の機械はどうなのかわかりませんが、頭部に衝撃を受けた際などMRI検査が今後必要となった時に
装用している機械は対応しているのかどうかということは必ず確認しておかなければならないと思います。