気を付けること

気を付けたい中耳炎から滲出性中耳炎!

子どもがよく中耳炎になるのですが、耳鼻科へ行ったときに必ず目にするのが「滲出性中耳炎」についての冊子です。

行きつけの小児科でも耳を見てもらうのですが、少しくもっていると判断された場合は詳しくは、耳鼻科へ行ってくださいと言われます。

風邪の症状だけだと処方してもらった薬で体調は戻っても、もしかしたらそれは中耳炎の可能性もあると思った方がいいと思います。

まだ子供が小さくしっかりと訴えることができない場合は特に注意深く見てあげる必要があります。

聞こえについて悪いのではないかと思ったらすぐに耳鼻科を受診するようにしてください。

滲出性中耳炎

鼓膜の奥の中にある耳腔という部屋に滲出液という液体がたまる病気のことをさします。

中耳の粘膜の炎症や耳管の働きの低下などがみられると、粘膜からしみ出た滲出液が中耳腔にたまるた状態のことです。

子どもに多く、3歳ごろから小学校高学年の子どもに多く見られます。一番気を付けたいのが子どもの難聴の原因でもあるということです。

滲出性中耳炎の原因

一番多いとされているのが、急性中耳炎が十分に治りきっていない状態が続き、鼓膜の内側に膿〈うみ〉が滲出液となって残ってしまう場合です。

耳鼻科で画像を撮ってもらうとよくわかるのですが、中耳炎初期では鼓膜の中がモクモクくもっているのがわかります。

中耳炎の膿(モクモク)は次第に中耳の粘膜から吸収されたり、中耳と鼻の奥をつないでいる耳管をとおって、のどのほうに排出されるということで次第に鼓膜の中のくもりが薄れていき、

最終的には透き通って見えます。

しかし副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎などの鼻の病気、のどの慢性的な炎症がある場合は注意です。

耳管の働きが悪くなってしまい、それらが正常に機能しなくなり、滲出性中耳炎になりやすい状況になっています。

滲出性中耳炎の症状や診断

唯一の症状が難聴です。

発熱や痛みがないという特徴ですので、小さい子が多いのは自分で訴えることができない為だと考えています。

耳鼻咽喉科で鼓膜の状態を確認。専門的な検査の結果によって診断されます。

病気の程度は聴力検査や鼓膜の動きの検査によって判断することができます。

滲出性中耳炎の治療

治療は、中耳にたまっている滲出液をなくして聞こえをよくするための治療と、耳に悪い影響を与えている鼻やのどの病気に対する治療とを並行して行います。

耳に対する治療

聞こえの状態にもよりますが、鼓膜を少し切って中にたまっている滲出液を吸い出す鼓膜切開術。

病気の程度が軽い場合には薬による治療や、鼻から耳に空気を送る耳管通気〈じかんつうき〉という処置を行います。

滲出性中耳炎をくり返す場合は、鼓膜にチューブを入れる手術なども行われています。

時間はかかりますが、適切な治療を行うと治ります。しかし治療が不十分だと入院手術が必要な癒着性中耳炎や、真珠腫性中耳炎になってしまうこともありますのでしっかりと治療することが大事です。