パパ日記

聴覚支援学校の先生からのアドバイス

難聴の度合いにもよりますがはーやんの場合は人工内耳を装着していないと両耳100デシベル以上でないと音が入ってきません。

100デシベルでどのぐらいの音量ではーやんが聞こえているのかもわかりません・・・

あくまでも100デシベルで音の反応があるということになります。

視覚から入ってくる情報がとても大事

まだ言葉の数は少ないとはいえ人工内耳を装着していなくても口の動きを見て同じことを言ってくれます。

話しかけるときはしっかりはーやんと顔を合わせるよう心掛けています。

はーやんはとにかく観察力がすごい!何か話していると必ず口元を見ています。

人工内耳を装用していない場合はなかなか一回では何を言っているんだろうかと、わからずに固まることもありますが2回、3回と同じ言葉を

繰り返すと理解している様子です♪

はーやんがしっかりと口元に注意を向けれているということはとてもいいことだと思っています。

行動する前に視覚でわかる情報を!

聴覚支援学校の先生に言われドキッ!!としたことがありました。

それは行動をとる前に言葉だけで行動していたということです。

先ほど書いたように視覚での情報がとても大事なはーやん。どこか出かけるときに、例えば保育園に

行くとき「保育園にいくよ~」とだけしか言っていませんでした。しっかりと聞き取ることが出来ていたか?

この自分の行動に視覚からの情報が全くない・・・毎日の流れでわかるだろう・・・そんなことではだめなのです!

はっきり聞き取れていなかった場合、はーやんからしたら保育園に行くのか?お外に遊びに行くだけなのか?どこに連れていかれるかわからない状態で

不安だらけです。

そのようなことにならないようにしっかりと行く前には目的地の写真を見せここに行くからね。という声掛けをしてから行動しなくてはなりません。

今は言葉の理解も進みしっかりと聞き取れているのでしまっていますが、特に小さいときはしっかりと視覚でわかるようにしてあげなければいけません!

スマホの画像でも悪くはないのですがすぐに出すことが出来るように写真にしたほうがいいですよという先生の言葉がありましたので写真にしていました♪

1歳、2歳ぐらいでは行動する前にはしっかりと視覚による情報を示してあげることにより、子どもがどこに行くか、何をするかということがわからないという不安を取り除いてあげてください♪

寒くなってきましたが皆様は大丈夫でしょうか?僕みたいにくるまれることをオススメしますでぷ~♪

たまに設置します笑

ランキングに参加しています♪応援クリックよろしくお願いします♪


人気ブログランキング